SYKは環境にやさしい製品開発に務めています

地球環境に配慮したリサイクルが容易な製品開発
製品開発は品質・納期・価格においてお客様が満足することが大切ですが、地球環境への配慮を忘れることは出来ません。三陽工業は地球環境に配慮したリサイクルが容易な製品開発に努めています。 1998年より環境への影響が甚大な鉛、塩化ビニールを使用しないケーブルを「エコケーブル」と定義し、脱鉛、脱塩化ビニール活動を展開し成果をあげてきました。
2004年より製品開発部門とは独立した材料開発部門を組織し全部材の環境負荷物質調査を開始。環境負荷物質排除を進め2006年4月をもってケーブルRoHS対応を完了するとともに製品開発段階で環境負荷物質含有部材が採用されない自社開発コンピュータシステムを構築しました。また徹底した管理を実現するため独自に蛍光X線測定を実施するなどの活動を推進し、PFOS、特定ベンゾトリアゾール排除など新たな要求にも積極的に取り組んでいきます。
「環境負荷物質を入れない、造らない、出さない」環境にやさしい製品開発を進め、生産工程においてもCO2削減など環境保全に努力していきます。



組織の役割と関連業務
組織 環境品質関連業務 入れない 混ぜない 出さない
三陽工業株式会社 経営者 方針周知・管理責任者任命・内部監査・システム改善
管理部 情報システム管理
営業部 顧客の要求事項対応・契約内容確認
生産部 品質技術グループ 設計・製品構成・納入仕様書・作業標準
材料選定・負荷物質調査・環境データ投入・教育
品質技術グループ 部材受入検査(XRF)・不適合の処理・品質保証
生産管理グループ 仕入先評価・協力会社管理・支給品管理・出荷管理
ケーブル製造グループ 3S・帳票及び物品の識別・トレーサビリティ
加工製造グループ 3S・帳票及び物品の識別・トレーサビリティ
三陽電線加工株式会社 3S・帳票及び物品の識別・トレーサビリティ